新生幼稚園の1年を紹介いたします。

  • 幼稚園の新しい1年のはじまり。入園したばかりの子にとっては、初めて体験する場の中に新鮮な楽しさを見つけ出していく時です。4歳の子どもは一つ大きい年齢のクラスに入る喜びでいっぱい。
    5歳の子どもたちは一番大きいクラスになって意気揚々はりきっていく時期です。緊張とともに成長のステップを一歩のぼり、毎日が新しいこの時期を温かく見守って支えていきたいと思います。

  • こいのぼりを作って飾るとまもなく連休。そのあとは新しい生活やクラスにも慣れてきたこの時期、親子遠足で東山公園などに出かけたり、保育参観で園の日常の流れや子どもたちの様子を見ていただけます。

  • 父の日はお父さんにも参加いただいて、楽しい参観日。体育指導は年少組の後半から週一回の体操やマット・平均台などの時間です。健康診断では虫歯ができていないか歯科医にも見てもらいます。

  • クッキー作りの様子です。

  • 年中・年長組は大きい温水プールに出かけて水泳してきます。年少組は園のプールで水遊びを楽しみましょう。年長組のお泊まり保育では、食事のしたくも子どもたちでがんばって力いっぱい楽しみます。

  • 年長組のお泊まり保育では、食事のしたくも子どもたちでがんばって力いっぱい楽しみます。

  • 暑い夏。夏期保育ではプールで水遊びをしましょう。

  • 運動会シーズンはかけっこやダンスで盛り上がります。

  • いも堀りで畑に行って大きなサツマイモをたくさん掘ってきました。

  • 年長組は相生山まではりきって歩いて、森の探検や山歩きに行ってきます。

  • お店屋さんごっこではいろいろ作りましょう。本物みたいにケーキ、うどん、ハンパーガー、野菜に果物、おもちゃやお菓子などなど作品をお店にならべてお買い物。豊かな秋の実りに感謝する収穫感謝祭には、日頃の勤労感謝の訪問にもいきます。

  • クリスマスはキリストの降誕を祝うたいせつな行事。キャンドルサービスの礼拝にはじまり、子どもたちも劇や歌をひろうしあってお祝いします。

  • かるたやコマ回しといった正月あそびには、この時節らしい面白いものがいろいろ。凧も作って凧あげを楽しみましょう。

  • 鬼をはらう節分の豆まき。子どもたちは鬼のお面を作って楽しみにしています。

  • 美しくひな人形が子どもたちの手でたくさん作られ並べられると、けっこう見応えあります。幼稚園の1年の終わりの日々も大切に過ごしていきたい。

ページ上部へ
ページ上部へ